看護師の職場、それはめんどくさい女の世界

看護師の職場、それはめんどくさい女の世界

男でも女でも人間関係って大変ですよね。
特に女性が多い職場だと気の遣い方も更にめんどくさい。
女性が多い看護師という職業は、まさに人間関係が辛い職場かもしれません。
そんな時かれらは何をよりどころに頑張り続けていけるのでしょうか。
看護師を経験しているかれらの声をこのサイトで集めてみました!
女性 20代
内科病棟半年、訪問入浴介護7年
看護専門学校を卒業後、総合病院の内科病棟に半年勤務しました。
その後、友人の紹介で訪問入浴介護の看護師として7年間勤務しました。
現在は結婚し退職、専業主婦をしております。

女性は怖い

女性ばかりの職場で独特の雰囲気があります。
表面上は仲良く見えても、噂話や悪口は尽きませんでした。

気を遣う日々

あまり輪の中に入らず、当たり障りのない対応をしました。
特に話し相手が先輩だと、ものすごく気を遣います。
先輩と気まずくなってしまうと今後の仕事に影響が出るので、雰囲気を悪くしないように注意が必要ででした。

自主勉強が必要

お休みの日でも、自主学習や勉強会など、仕事のことを考えなければならないときがあることが不満でした。
医学は日進月歩していますので、次々に新しい治療法や薬が開発されていきます。
スキルはすぐに身につくものではありませんので、仕事以外での自主学習が必要不可欠になります。
また研究論文を書いたり、病院内の委員会に参加するため、勤務時間が終わった後も居残りをしなければならないことがありました。

友人との助け合い

病院内の決まりである勉強会や委員会があるのはしかたないので、いかに効率良く終わらせて自由時間を確保できるかを考えました。
自分一人で勉強するとモチベーションが下がってくるので、そんなときは同期の友達に助けてもらいました。
お互いに勉強したことを教えあうと、自分の中でも繰り返し学習できるので、理解力が深まります。

気持ちのコントロールを

看護師を続けるには、いかに自分の気持ちをコントロールできるかが重要だと思います。
患者様の命を預かるプレッシャー、上司や先輩たちとの人間関係のストレスが多々あります。
仕事をする時には精一杯集中する、お休みの日には思う存分気分転換をすることが大事だと思います。
友達に相談したり、愚痴を聞いてもらうのも必要です。
そんな風に気持ちを切り替えることで、長く看護師を続けることができると思います。
あとは看護師の資格を持っていると職場が色々と選べるので、どうしても自分に合わないと感じたときは転職するのも一つの手だと思います。
Copyright(C) やさしくない看護師の仕事 All Rights Reserved.